足利デザイン・ビューティ専門学校

コロナ禍における就職活動 最新情報(美容総合科版)

2020.08.06

[美容総合科]

今年の就職活動に言えることは1つ。

「オンライン企業説明会やWEB面接が主流、まずはこれに適応すること」

今年はコロナの影響で在校生の多くが、就職についての不安を抱えています。
しかし、在校生には1年次から企業研究や情報収集を行うように、常に指導してまいりました。
また、オンライン企業説明会に対応すべく、早期にアンケートを実施し、自宅でのネット環境を整備するよう指導してきました。

通常の就職活動は下記の通り。

今年のコロナ禍では、下記の通りの動きに変化。

つまり対面式の企業説明会や面接は、例年のように行わない企業が極端に増え、WEBでの対応に変化しています。

4月に緊急事態宣言が発出された後も、美容サロンは衛生に類することもあり、営業は許可されました。
美容サロン側はコロナ感染予防に工夫を加え、営業を続けました。新規採用においても、WEBに切り替えることで、早期に動き出すことができたようです。4月中旬からはWEBでの説明会等も行われました。

その流れに乗れるかどうか。専門学校は美容サロンと合同で、WEB企業説明会を起案し、システムを整え、実行できたかどうか。
それは、各専門学校の姿勢と努力によるもので、できた学校と様子を伺うだけの学校で、大きな差が出たはずです。

本校は就職活動支援緊急対策として、美容総合科 在校生137名を対象に、美容サロンと合同でWEB求人説明会を実施、関東圏の優良サロンにご参加いただきました。

さらに今後 8/21(金)~9/23(水)まで、2回目のWEB求人説明会も開催を予定しています。本校後援会企業が参加します。
今後も、コロナ渦で就職に不安を抱く在校生を支援し、優良企業への就職内定に結びつけていく支援を続けます。
 
※優良サロン、優良企業とは社会保険完備・内定取消なし等の条件をクリアしている企業のこと

WEB面接に対応すべく、専用ブースを学校内に設けたり、WEB面接指導を行ってきた結果、8/7現在で、美容総合科の内定者は 18名になりました。コロナ禍では栃木、群馬への就職希望が例年より増えています。

ページの先頭へ戻る