足利デザイン・ビューティ専門学校

卒業生の声

美容総合科

島田 圭佑

スタイリスト
Neolive 銀座

平成24年度 ヘアスタイリストコース卒業
栃木県立佐野松桜高等学校出身

獲得した賞は10以上。
全日本理容美容選手権総合グランプリ、内閣総理大臣賞、厚生労働大臣賞受賞
Neolive GINZA店に就職して6年、スタイリスト、そして店長補佐としてスタッフ45名の教育を担当しています。サロンワークをはじめ、コンテストやヘアショー、撮影など、多方面で挑戦できることにやりがいを感じています。特にヘアデザイナーとしてNeoliveの看板を背負って参加するコンテストでは、今まで多くの成果を出してきました「。全日本理容美容選手権 in 横浜アリーナ」では総合部門グランプリ内閣総理大臣賞「、2017年ウェラトレンドビジョン」のジャパンファイナリスト、2018年は「きくや美粧堂 スーパービューティ」のシルバー賞「、SPCスタイリングコレクション全日本理美容選手権2018」の数々の賞をいただきました。受賞は、美容師としての自信になる以上に、何よりもサポートしてくださっている周りの方々への恩返しになると思っています。この仕事は人と人のつながりが本当に大切で、スタッフにもお客様にも、自分自身の在り方が問われます。学生時代に「人」としての基本を教えていただき、仲間や先生方と本気で関われたことが、今の自分の基盤です。人間力を蓄えながら今の自分に満足せず、自分にしかできない仕事を今後も任されつづけたいですね。そして後輩やサロンを巻き込んで、スタッフ一人ひとりを輝かせたい。これから足利デザイン・ビューティ専門学校で学ぶ人たちには、常に「自分はできると心に言い聞かせて自信を持って!」と伝えたいです。実際にその目標や夢を実現した光景を想像しておくことが大切だと思います。

池田 歩唯

アイリスト
ビューティアトリエ グループ

平成19年度 ヘアアーティストコース卒業
宇都宮短期大学附属高等学校

世界トップレベルの美容の技でお客様とスタッフに笑顔を広げたい卒業後、総美有限会社に入社し、スタイリストとして勤務しながらアイラッシュも担当していました。10年目にアイラッシュアカデミー・まつ毛エクステンション専門店の新規事業がスタートし、分社した株式会社エモーションのナチュレア店(エクステ&ケアサロン)で店長になりました。現在、週1回はカットスタイリストとしてのサロンワーク、他の日はスタッフ教育やマネジメントなどの店長業務も担当しています。並行して、アイリストをめざす社外の方に向けたスクールの運営、講師など多様な仕事も任されています。嬉しそうなお客様の笑顔、活き活きと働くスタッフの姿を見ると、いつも「美容」の力に感動します。在学中、基本的な技術や練習の大切さを徹底的に教えてくれた先生方に今も感謝しています。2018年には韓国で開催された「国際ボディアートコンテスト」に参加し、まつ毛エクステの「シングルエクステ部門」でグランプリ「スピード部門」で大賞をいただきました。サロンのスタッフやお客様にご迷惑をおかけして出かけるので「、絶対に手ぶらでは帰れない」と自分にプレッシャーをかけて練習を重ねた結果、総勢約1000人もの参加者の中で力が認められ、みなさんにも喜んでいただけました。今後は、スタッフやアカデミーの生徒さんと一緒に国内大会にも参加したいです。外面に目がいきがちな業界ですが、体内から美を追求するインナービューティを探求し、今後もたくさんの人の美と健康をサポートしていきます。世界に発信できるサロンをつくるのが、将来の夢です。

長山 ゆうき

代表・スタイリスト
U-REALMグループ L.O.G SHIBUYA

平成19年度 ヘアスタイリストコース卒業
群馬県立太田東高等学校出身

MEN’S TREND AWARD 2017 3位。足デで学んだことが、今の自分の原点ですL.O.G SHIBUYAで代表兼スタイリストとして、スタッフの教育やネット関係の管理をしています。「関わる全ての人をかっこよくしたい」という想いが、生きがいです。業界雑誌「Men's PREPPY」主催の「MEN’S TREND AWARD2017」で3位を獲得。初の受賞が嬉しい反面、想いの足りなさも実感しました。同賞2018でもノミネートされ、「気持ちを強く、目標を言葉にすることから行動が始まる」という先生の言葉を胸に、リベンジを狙っています。

藤野 慎太郎

店長・スタイリスト
U-REALMグループ L.O.G SHIBUYA

平成20年度 ヘアスタイリストコース卒業
明秀学園日立高等学校出身

先生、先輩後輩、仲間との出会いが仕事の可能性を広げてくれます卒業後、栃木県のサロンで技術を磨いたのち、足デの先輩が店長を務めるL.O.G SHIBUYAに入社しました。今は店長として、顧客管理や材料の管理、スタッフの教育・指導を担当しています。ご要望 をふまえて最先端の技術で最良のスタイルに仕上げ、お客様に感動していただくのが、美容師のやりがいです。学生時代の出会いがあっての現在です。同級生はもちろん、上級生、下級生ともつながりが強く、卒業後も支え合う人脈が宝です。

富岡 美由貴

オーナー
dressed in herb

平成19年度 ヘアスタイリストコース卒業
栃木県立足利工業高等学校出身

自分のサロンを開業できたのは「全力で完璧にやる」の教えがあったから完全予約制の自然派プライベートサロンを経営しています。自分のサロンを持つことは大きな責任が伴いますが、お客様一人ひとりと向き合っての施術、手づくりのヘアケア剤やアクセサリーなど、こだわりをカタチにできる張り合いは格別です。忙しいときは、「どれかを手を抜くのではなく、すべて全力で完璧にやる!」という先生の教えを思い出します。欠点は、必ず長所になります。こだわって思いを追求する先に、夢の実現があるのです。

村岡 健一

代表・カラースペシャリスト
U-REALMグループ L.O.G by U-REALM

平成19年度 ヘアスタイリストコース卒業
群馬県立桐生工業高等学校出身

美容師は、人とつながる幸せな仕事。つながりを大切に、夢はデカく!スタイリスト兼店長代理として23歳で管理職を経験し、26歳で足利デザイン・ビューティ専門学校の同級生を含む美容師仲間4人でL.O.Gを立ち上げました。中学生だったお客様が成人式や結婚式を迎えたり、子どもを連れて来てくだったり、美容師の仕事は人とつながって共に成長できるのが醍醐味です。足デでは、「勉強以外のすべて」を培えたのが良かった!将来の目標は、L.O.Gを日本最大規模の日本一イケてるサロンにすることです。

齋藤 純也

代表取締役社長・店長・スタイリスト
U-REALMグループ L.O.G by U-REALM
L.O.G表参道店 L.O.G ISESAKI

平成19年度 ヘアスタイリストコース卒業
群馬県立太田東高等学校出身

TOKYO BLEND × SMAJ 2017 グランプリ受賞現在へとつながる母校での経験都内の有名サロンに就職し、入社3年でスタイリストとしてデビュー。その後、副店長として後輩の育成と店舗運営を担当しました。美容師日本一を決める「TOKYO BLEND×SMAJ2014」への初チャレンジでは、あと一歩の準グランプリ。2017年にグランプリでリベンジできました。足利デザイン・ビューティ専門学校で身につけた技術の基礎と社会人の基本、そしてみんなで真剣に作り上げたADB Collabo showの経験が、確実に今につながっています。

新井 桃香

代表取締役社長
WAVES

平成20年度 アイラッシュ&ヘアアレンジメントコース卒業
足利短期大学附属高等学校出身

先生たちと仲間の支えがあったから夢を追いつづけられました卒業後、大手サロンのアンククロスに入社し、2年後にスタイリストデビュー。翌年、横浜店の店長を任され、平成29年にWAVESを開業しました。20代で「自分のお店を持つ」という夢を実現できたのは、足デで培った「諦めない心」のおかげです。つまずくとすぐ投げ出していた私が、人一倍辛抱強くなれました。一人ではできないことも、仲間と協力すれば乗り越えられることも学びました。これからも新たな目標を目指して挑戦していきます。

ブライダル・ウェディング科

志村 恵理

ウェディングプランナー
ロイヤルチェスター太田

平成23年度 ブライダルクリエイターコース卒業
群馬県立伊勢崎興陽高等学校出身

本番さながらの模擬披露宴の実習。現場の空気感を肌で感じられる貴重な機会でしたウェディングプランナーとして新郎新婦に寄り添い、おふたりらしさが伝わる結婚式を目指して日々仕事をしています。結婚式のご予約をいただいたカップルとお打ち合わせを重ね、おふたりの夢や理想を一つひとつ具体化していくことが主な仕事です。中にははっきりとしたイメージがない方々もいらっしゃいますが、そういう場合は、おふたりの雰囲気や好みに合う演出をこちらからご提案することもあります。一緒になって結婚式をゼロから作り上げることもプランナーの仕事の魅力ですが、結婚式の最後の瞬間に立ちあえることが一番の醍醐味。7年ほどプランナーをしていますが、披露宴が終わり、おふたりが退場されるその瞬間の幸せそうな笑顔は、何組見ても胸を熱くしてしまいます。私が比較的すぐに現場の仕事に馴染むことができたのは、足利デザイン・ビューティ専門学校で模擬披露宴の実習を行い、現場での流れなどを身につけることができていたからだと思います。またブライダル知識だけではなく、ヘアメイクやネイル、着付けなど美容関連の授業も充実していて、幅広い知識を学べたおかげで花嫁の希望により親身に対応することができています。学生時代に身につけた知識はどれも現場で役立つことばかりなので、自由になる時間が多い学生の間にたくさん勉強をして資格取得をしておくことをオススメします。また結婚式場でアルバイトをするなど現場に立ち、生きた知識を学ぶことも目標を実現する近道だと思います。

静井 香帆

キャプテン
株式会社グランプラス ザ サリィ ガーデン

平成27年度 ブライダルビジネスコース卒業
栃木県立小山南高等学校出身

足デ在学中の結婚式場での実務実習がキャリアの道を開いてくれました授業の一環での実務実習をきっかけに、「絶対にここで働きたい」と思ったザ サリィ ガーデン(旧マグリットガーデン)に就職できました。現在、結婚式当日に会場責任者およびキャプテンとして新郎新婦をエスコートするほか、新人メンバーの教育も担当しています。新郎新婦とゲストとスタッフが一つになる瞬間が、この仕事の一番の魅力です。在学中に式場での実務実習を重ねられたことが、職場選びにもキャリアにもつながっています。先生たちの熱心な指導のおかげで、多くの資格を取得できたことも、しっかりとした基礎力になりました。これからもゲストに寄り添ったパーティーをブラッシュアップしながら、結婚式の素晴らしさを広く伝えていきたいです。

佐藤 みゆ

ドレスコーディネーター
ツキオカ写真館

平成28年度 ビューティクリエイタ―コース卒業
群馬県立大泉高等学校出身

資格取得のために学んだことが、現場で求められる判断力につながっています2年生の夏前から写真館でアルバイトとして働きはじめ、卒業と同時に入社しました。ドレスコーディネーターの仕事は、ブライダルや七五三、成人式などの撮影で来られたお客様のドレス選びがメイン。それだけではなく、メイクや撮影アシスタント、写真修正、接客など多岐にわたるため、大きなやりがいを感じます。お客様の理想通りの衣裳を選び、私が施したメイクを喜んでいただけたときは最大の喜び。着付けや接遇、接客心理などを学び、たくさんの資格を取得したことが強みになり、働いている中で自然と判断できることが多いと思います。担当した子どもたちが働く私を見て、この職業に憧れてもらえるようなドレスコーディネーターになりたいです。

トータルビューティ科

島崎 美憂

ネイリスト

平成27年度 トータルビューティシャンコース卒業
埼玉県立進修館高等学校出身

自信をもって接客できるのは、学生時代に取得した資格のおかげですネイリストになろうと決めたのは、足利デザイン・ビューティ専門学校で本格的にネイルの勉強をしたことがきっかけです。ネイリストになり、たくさんのお客様を自分の施術で笑顔にして、嬉しい気持ちを共有できることが幸せと実感しています。デザインの提案や施術を担当していると、折れやすかったり、深爪だったり、いろいろな悩みを抱えているお客様や、全面的にネイリストに任せてくださるお客様などさまざまです。それぞれのお客様に似合うものを提案し、あらゆる要望に応えるためにも、最新のデザインや流行のものを毎日チェックすることや、施術中の会話からお客様を知ることはとても大切なこと。今こうして、自信をもってお客様に接客やアドバイスができるのは、専門学校で学んだネイルの基本的な知識があるからです。タイムを計っての模擬テストや対策授業で仲間と刺激を与えあいながら、在学中にネイル技能検定1級を取っていたことも強みになっています。学校で学んだこと、仕事で培ったことをベースに、今の目標は“痛ネイル”を極めることです。将来的には、どんな要望にも対応できるネイリストになり自分のお店を持ち、あらゆるお客様のオーダーに応えられるサロンにしたいですね。何ごともやってみないと分からないし、やってみると新しい目標が見えてくるものだと思います。これから専門学校に入るみなさんも、まずはやってみるという意思と気力をもって、少しずつ経験を積み重ね、大きく羽ばたいてほしいと思います。

大嶋 美紗紀

ビューティカウンセラー
P&Gプレステージ合同会社

平成29年度 メイクアップアドバイザーコース卒業
栃木県立鹿沼商工高等学校出身

多くの女性の運命を変えるために美しくなるお手伝いをつづけていきますビューティコンサルタントになる夢をめざし、足利デザイン・ビューティ専門学校に入学し、トータルビューティシャンコースで学びました。夢を実現できたのは、在学中に皮膚の知識をはじめ、言葉づかいや礼儀作法など職場で厳しく求められるマナーを徹底して学び、たくさんの資格を取得し、自信をつけることができたからだと思います。ADB Collabo showでメイクの代表を務めたことも、実力を伸ばしてくれました。大好きな仲間、先輩、先生たちに出逢い、同じ夢を追いかけてがんばれたことが、足デに入学して何より良かったことです。現在、ビューティコンサルタントとして、化粧品の販売、商品の品出し、接客、事務作業など店頭での全般にわたる仕事をしています。私の使命は、お客様一人ひとりに寄り添い、美しくなっていただくお手伝いをすることです。お悩みを真摯に聞きとってお役に立てて、はじめて信頼して商品を購入してくださるのです。お帰りになるときに「あなたに出逢えて良かったわ「」また来るわね」と言っていただけるときが、一番嬉しい瞬間です。私がこの仕事にあこがれたのは、店頭で働く素敵な女性の姿に惹かれてのことでした。私も誰かにあこがれられる存在になれるよう、一人でも多くの人が美しくなるお手伝いをしながらキャリアアップしていきたいです。美しくなると、運命が変わります。世界中の女性の運命を変えることを夢みて、笑顔を絶やさず、毎日ハッピーに生きています。

ファッションデザイン科

新宮 大

営業・テキスタイルデザイナー
シマダテキスタイル株式会社

平成28年度 ファッションビジネスコース卒業
栃木県立佐野松桜高等学校出身

夢は、自社ブランドをつくること。後輩と一緒にモノづくりをしてみたい!卒業後、シマダテキスタイル株式会社に入社し、テキスタイルの企画・生産・営業まで全体を通した業務を担当しています。柄のデザインをパソコンで制作してアパレルメーカーなどに提案することもあれば、メーカーからデザインを依頼されて制作することもあります。テキスタイルの加工の全工程をきちんと理解できるよう、自社工場での製造に関わる作業もしています。自分がデザインした柄が布地になるのは、とても楽しいものです。いろいろなアパレルメーカーや同業者の方々との打ち合わせを通して人とのつながりが広がり、その関係性のなかで自分が必要とされていると実感できることにも、やりがいを感じています。在学中に、授業でイラストレーターやフォトショップなどのクリエイティブ関連のアプリケーションを使いこなせるようになり、卒業進級制作でオリジナルの布地を制作できたことが、今の仕事に進む原動力になりました。在学中に学んだ服飾の基礎があるから、現場の仕事を通してさまざまな生地の種類や加工方法の知識を広げることができているのだと思います。私はもともと人前で話すのが苦手だったのですが、授業でのプレゼンテーションやファッションショーで発表する機会を多く経験するうちに苦手を克服できたのも、足デを選んで良かったことの一つです。将来の夢は、自社ブランドを創ることです。母校の後輩たちを採用し、一緒にモノづくりをする夢を膨らませています。

坂田 葵

パタンナー
株式会社サンキョウ

平成29年度 ファッションデザインコース卒業
群馬県立伊勢崎商業高等学校出身

在学中に身につけた専門技術がファッションの仕事で生きています株式会社サンキョウに就職し、パタンナーの仕事をしています。ファッションメーカーから送られてきた洋服のデザイン画と寸法をもとにパソコンで型紙を描き、製品サンプルをチェックしながら修正します。自分が関わったデザインが採用されたときや、修正に苦労した商品を店頭で見たとき、とても嬉しくなります。授業で見につけた基礎的な技術のおかげで、仕事のコツを素早く掴むことができました。在学中に学んだ販売、色彩、プレゼンテーションなどの知識は、今も役立っています。将来の夢は、好きなアーティストの衣装再現や仮装用のドレスなどをオーダーで型紙制作と縫製ができるアトリエを開くことです。急がず焦らず心に余裕を持って、夢に向かっていきます。

松原 千夏

ファッションアドバイザー
株式会社ファイブフォックス コムサメン

平成28年度 ファッションビジネスコース卒業
群馬県立伊勢崎興陽高等学校出身

心を込めて、お客様の洋服選びのお手伝い。足デでの学びがフル活用されています百貨店内のファイブフォックスのショップで、ファッションアドバイザーをしています。おすすめしたトータルコーディネートが決まったときや、お客様が覚えてくださって再来店してくれるとき、何よりも嬉しく感じます。在学中にイオンモールやデザインフェスタでの実践的な授業を通して、商品の良さを伝えるコツやコミュニケーションの仕方を学べたことが、今も自分の仕事のベースにあります。 ADB Collabo showやデザインフェスタで衣装制作や演出ができたのも、かけがえのない貴重な体験でした。現在の目標は「松原さんにお洋服を選んでほしい」と言ってくださるファンを増やすこと。アンテナを張り巡らし、日々努力を惜しまずにメンズファッションの勉強に励んでいます。

クリエイティブデザイン科

齊藤 成真

デザイナー
Jammsworks Inc.

平成27年度 インテリア雑貨コース卒業
群馬県立館林高等学校出身

幅広い技術と知識が必要なゲームづくり。在学中の学びが、今もベースになっています卒業後、設計事務所に就職して設計や建物デザインを担当した後、幼なじみのプログラマーとJammsworksを立ち上げて、ゲームアプリの開発およびデザインの事業を展開しています。2017年10月リリースの「脱出ゲーム Halloween おばけとかぼちゃと魔女の家」は無料ゲームで総合1位を獲得。ストーリー、ギミック、画面に映るすべてにこだわったゲームです。足デのクリエイティブデザイン科では、インテリアを中心に幅広く学びました。在学中に基礎を身につけた画像制作編集などのアプリケーションを使いこなす技術も、現在の仕事で役立っています。「コラボ授業」で他学科の学生と一緒に作品を作り上げた経験での学びが、とても魅力だったと今も思い出します。(2017年12月現在)

大塚 由実恵

グラフィックデザイナー
株式会社オーエムシークリエイティブ

平成21年度 グラフィック・Webコース卒業
群馬県立西邑楽高等学校出身

尊敬できる先生方のもとで社会で役立つたくさんの力を伸ばせました紙媒体やWebなどのデザイン制作業務を担当しています。ゼロから提案する案件が多く、常に自分の限界に挑みつづける大変さはありますが、完成したときの達成感はひとしおです。足利デザイン・ビューティ専門学校では企業とコラボしての課題が多く、デザインは誰かに見てもらって初めてその真価が問われるという認識をしっかり持てました。考えを的確にイメージするデッサン力、よりよい形に仕上げるDTP力、相手に理解してもらうためのプレゼンテーション力など、すべての授業が今の自分につながっています。卒業後も、先生からアドバイスをいただくことも仕事でご一緒することもあります。第一線で活躍される先生方の姿に将来の自分を重ねて、これからも前進していきます。

神長 勇気

インテリアデザイナー
株式会社イー・エヌ・ジー

平成27年度 インテリア雑貨コース卒業
群馬県立桐生工業高等学校出身

学校で習った技術をフル稼働。お客様が分かりやすいよう提案を工夫していますインテリアデザイナーとして、お客様のご要望を元に図面を作成する業務を主に行っています。お客様がイメージしやすいよう、イラストを描くなど提案書作りに工夫をしていると、最近、イラスト入りの提案書が分かりやすいと喜んでいただける機会が増えてきました。提案書編集に使用するイラストレーターやフォトショップは在学中に学んだ技術。発注作業や在庫確認など仕事に不可欠なWordやExcelも学校で学びました。デザインのことだけでなく、ビジネスマナーや一般常識などを教わったことは、今、社会人としての自信になっています。将来は、今の仕事と両立して個人でグラフィックデザインの仕事をするのが夢。個人で培った技術を本職で活かし、本職で積んだ経験を個人で発揮していけたらと思います。

二ノ宮 廣樹

ジュエリー製造
株式会社エム・クラフト

平成27年度 ジュエリー・雑貨コース卒業
茨城県立茨城東高等学校出身

学校で基礎を学んだおかげで、入社直後から重要な仕事を任されましたアクセサリーの原型を作る成形を担当しています。デザイン画などをCADと3Dプリンターで出力し、鋳造を経て成形します。入ったばかりの私がジュエリーでは一番大切な原型を任せてもらい、自分の手で一つ一つ丁寧に作ることができ、日々やりがいを感じています。足利デザイン・ビューティ専門学校で道具の名前や使い方、業界用語を学んでいたので、就職後、仕事を始めやすかったです。上司に作業の相談などをするときにも、業界用語を知っているとスムーズです。学生生活を通して、競い合う友人もたくさんできました。友人たちと一緒に目標に向かい、ときに喧嘩したり、褒め合ったり、悔しがったりして過ごした2年間が、今の自分を作っています。

ページの先頭へ戻る