足利デザイン・ビューティ専門学校

ファッションデザイン科

ファッションデザインコース

デザイナーやパタンナーをはじめとする、服飾のスペシャリストを目指すコース。アパレル関連企業の企画・生産部門で活躍するために必要不可欠な知識・技術を習得できます。

教育システム
洋服を多角的に捉え
とことん作り込む
1年次の終わりにはテーラードジャケットを、 2年次では複雑なウェディングドレスを製作できるまで。デザイン技術を、段階的に習得していきます。
ブランドを立ち上げ、
経験値をアップ
2年次は企業と連携し、オリジナル商品の企画・デザインを行い販売します。自分で手がけた商品が、売れる喜びも実感できます。

デザインを学ぶ

デザインの原点から流行まで。表現力を磨きます。服飾企画の役割は、ファッションの流行を意識しながら、クライアントのニーズを満たすこと。そのためには、服飾に必要なデザインを多角的に学ぶことが大切です。ファッションデザインコースでは、「色彩」 「素材」 「構成」 「発想」それぞれの分野を基礎から応用まで、講義と演習から幅広く学び、ニーズに応えられるデザイン力を習得します。

色彩

服飾分野における色の役割や扱い方を学び、色に関する美的センスを磨きます。シーズンごとの色の考え方や構成力を身につけ、魅力的なカラー提案ができるようになります。1年次のうちに、フッション色彩能力検定3級取得を目指します。

素材

服飾製作に関わる素材について学びます。繊維・糸・布地・加工の種類を知り、服飾デザインに適した素材を判断できる力を身に付けます。

構成

服飾造形の観点から、デザインや素材に合わせたシルエットの出し方やそれらを構成するデザイン線、体型線の入れ方を学びます。

発想

個々の感性を磨き、オリジナリティのある創造力と分析力を養います。あわせて、ファッションイラストなどのデザイン表現も習得し、卒業までに全国規模のコンクール入選を目指します。

パターンメーキングを学ぶ

シンプル~独創的なデザインまで。イメージをカタチに。パターンメーキングとは「服の設計図」を作ること。基礎的なスカートなどから、ショー出品レベルのクリエイティブなパターンテクニックまで習得します。目標は、基礎となる手作業と現場で不可欠なアパレルCADの知識と技術をマスターし、それぞれのメリットを踏まえ効率良く製図できること。卒業までにパターンメーキング技術検定3級取得を目指します。

服飾造形を学ぶ

ファッション業界のあらゆる職種に通じる、服づくり。服飾造形とは、デザインを形にする縫製技術のこと。さまざまな衣類の構造と縫製仕様を少人数の実習形式で学びます。同じアイテムでも縫製仕様はいくつかあり、その違いで着心地や強度、また生産効率を上げることが可能です。ファッションショー作品の製作では、毛皮やベルベットといった、高級素材や特殊素材の扱い方も学びます。

時間割 例 ファッションデザインコース 2年次(2期)

  Mon Tue Wed thu Fri
1
9:15-10:45
服飾造形Ⅱ アパレル
CAD
デザイン発想論 服飾造形Ⅱ ファッション
イラストⅡ
2
10:55-12:25
3
13:10-14:40
ニット
ソーイング
服飾造形Ⅱ 就職指導 パターン
メーキング
衣装製作
4
14:50-16:20
  立体裁断

主なカリキュラム

  • 服飾造形
  • アパレル素材論
  • 西洋服装史
  • 商品知識
  • 色彩学
  • SPAビジネス
  • ファッションイラスト
  • ファッションデザイン論
  • パターンメーキング
  • 立体裁断

取得できる資格

パターンメーキング技術/ファッションコーディネート色彩能力/ファッションビジネス能力/サービス接遇(※希望者はネイル検定や秘書検定なども取得可能)

目指す職業

ファッションデザイナー/パタンナー/ソーイングスタッフ/テキスタイルデザイナー/生産管理・品質管理/クリエイティブディレクター/ファッションプランナー/プレス/舞台衣装

ページの先頭へ戻る