足利デザイン・ビューティ専門学校

ファッションデザイン科

ファッションビジネスコース

ファッションアドバイザーやバイヤーなどを目指すコース。販売のプロとして、消費者の幅広い嗜好に対応できる、商品知識やコーディネート力を身につけます。

教育システム
流通~販売促進まで。
「販売」を体系的に学ぶ
商品知識や販売についてトータルで学ぶ1年次。ファッションビジネスに関連する資格取得を早いうちから目標に定め、合格を目指します。
ブランドを立ち上げ、
経験値をアップ
2年次は企業と連携し、オリジナル商品の企画から販売まで手がけます。店舗での販売も実際に体験し、ビジネスとしてのファッションを肌で感じます。

ビジネススキルを学ぶ

発信力と影響力を持つファッションのプロに。ファッションの定義が幅広い現代。アパレルのみならず、ヘアやメイクを含めたトータルコーディネートやライフスタイルに至るまで、ファッションのプロに求められる知識は多種多様です。このコースでは、ファッションの知識・センスはもちろんマーケティングやディスプレイ手法など、アパレル以外の業界にも応用できる専門力を習得します。

座学

ファッションの歴史やスタイルなどの基礎知識のほか、時代とともに変化し続ける消費者心理への理解を深めます。さらにその知識を販売に活かせるよう、さまざまなマーケティング戦略も学びます。

実践

立ち居振る舞いやお客様対応など、ファッションアドバイザーに必要なスキルを、実践を通じ習得します。また、店舗研修などを実際に体験し、販売実務・売場管理・商品管理の知識を深めます。

ブランディング

オリジナルブランドの立ち上げ実習では、ブランドのコンセプト作りからターゲットの設定、ブランドイメージの作り方、また価格帯設定に至るまで、ファッションビジネスのノウハウを学びます。

売場

商業空間デザインに関する知識・技術を習得。商品の魅力を引き立たせるディスプレイの方法や陳列、また什器の配置や照明の選び方といった店舗作りを、実際のお店を見学しながら学びます。

販売スキルを学ぶ

お客様に喜ばれる接客を、ロールプレイングで。接客とは、人と人とのコミュニケーションです。大切なのは相手にとって心地よいこと。まずは「挨拶」「姿勢」「敬語」など接客の基本からはじめ、次に素材などの商品そのものの知識を深めます。お客様により良い対応や提案ができるよう、コーディネート提案の要となる「色彩感覚」といったセンスも磨きます。

スタイリングを学ぶ

センスを磨き、トータルコーディネートに自信を。スタイリングは、洋服のコーディネートに限ったものではありません。髪型やメイクの知識も必要不可欠。さらに、流行をキャッチする感度やセンスも重要です。授業では、ヘアやメイクの基本からトレンドまで学び、スタイリング力や提案力をつけます。個性の多様化と専門化が進むファッション界で、お客様の多様なニーズに対応できるプロを目指します。

時間割 例 ファッションビジネスコース 2年次

  Mon Tue Wed thu Fri
1
9:15-10:45
スタイリング
実習Ⅱ
スタイリング
実習Ⅱ
マーケティング シルバー
アクセサリー
ファッション
アドバイザー論Ⅱ
2
10:55-12:25
ブランド設計
3
13:10-14:40
店舗設計 ヘア・メイク 就職指導 ファッション
販売
スタイリング
実習Ⅱ
4
14:50-16:20
DM・POP  

主なカリキュラム

  • ファッションマーケティング
  • ファッションビジネス論
  • 商品知識
  • 色彩学
  • SPAビジネス
  • ヘアアレンジ&メイク
  • ファッションアドバイザー論
  • 店舗設計
  • スタイリング実習
  • ディスプレイ

取得できる資格

ファッション販売能力/ファッションコーディネート色彩能力/ファッションビジネス能力/サービス接遇/ラッピング (※希望者はネイル検定や秘書検定なども取得可能)

目指す職業

ファッションアドバイザー/SV(スーパーバイザー)/バイヤー/営業/VMD(ヴィジュアルマーチャンダイザー)/MD(マーチャンダイザー)/クリエイティブディレクター/ファッションプランナー/スタイリスト

ページの先頭へ戻る